【平成29年10月1日施行】子の養育又は家族の介護を行い、又は行うこととなる労働者の職業生活と家庭生活との両立が図られるようにするために事業主が講ずべき措置に関する指針の一部改正

子の養育又は家族の介護を行い、又は行うこととなる労働者の職業生活と家庭生活との両立が図られるようにするために事業主が講ずべき措置に関する指針の一部を改正する告示(平成29年厚生労働省告示第307号)

子の看護休暇及び介護休暇について、労使協定で適用を除外した勤続6か月未満の労働者についても、一定の日数の子の看護休暇及び介護休暇の取得ができるようにすることが望ましいことを、指針に規定することとされました。

なお、この指針については、平成29年10月1日から施行される法改正の内容に合わせて、先にも改正が行われており、その改正規定も合わせて、平成29年10月1日から適用されます。

詳細はこちらよりご覧ください

関連記事

  1. 【平成30年4月1日施行】確定給付企業年金法施行規則の一部改正

  2. 【民法改正】賃金等の請求権の消滅時効について(第2回賃金等請求権の消滅…

  3. 【平成30年4月1日施行】前期高齢者交付金及び後期高齢者医療の国庫負担…

  4. 【年末調整】平成30年分の年末調整について

  5. 【平成29年8月1日施行】公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化…

  6. 【平成29年11月9日施行】国民年金法施行規則及び厚生年金保険法施行規…