【平成29年11月1日施行】技能実習法(外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律)

平成29年11月1日に、厚生労働省と法務省が共管する「外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律」(以下「技能実習法」)施行され、監理団体292団体に許可またその旨の公表がありました。

新たな技能実習法では、技能実習生の受け入れに当たり重要な役割を担う監理団体を許可制としています。
平成29年6月1日から外国人技能実習機構本部で許可申請の受付が開始され、施行日である平成29年11月1日付けで一般監理事業または特定監理事業を行う監理団体の許可が行われました。

技能実習計画認定の申請は、平成29年7月3日から順次外国人技能実習機構の地方事務所・支所でが受け付けられています。

外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律の概要

外国人の技能実習の適正な実施及び技能実習生の保護に関する法律(技能実習法)について(厚労省HP)

技能実習法による新しい技能実習制度について(法務省HP)

リーフレット(PDF)

関連記事

  1. 【平成30年4月1日施行】平成30年度の労災保険率の引き上げ等が決定し…

  2. 【平成29年12月1日施行】就業規則の届出も電子申請が可能です。労働基…

  3. 【年末調整】「配偶者控除及び配偶者特別控除の見直しについて」の特設ペー…

  4. 【平成30年4月1日施行】障害者の雇用の促進等に関する法律施行令等の一…

  5. 【民法改正】賃金等の請求権の消滅時効について(第2回賃金等請求権の消滅…

  6. 【平成30年2月2日施行】外国人雇用状況届出などの様式変更が変更になり…