【平成30年4月1日施行】平成30年度の労災保険率の引き上げ等が決定しました

平成30年2月8日に労働者災害補償保険法施行規則等の一部を改正する省令(平成30年厚生労働省令第13号)」が公布され、平成30年度(平成30年4月1日から)の労災保険率の改定等が決定しました。

改正の概要は以下の通り。
①平成30年4月1日から適用の新たな労災保険率が設定され、全業種の平均料率は4.5/1,000。
②社会復帰促進等事業等に必要な費用の限度額が引き上げ。
③家事支援業務従事者が労災保険特別加入制度の対象へ。
④「労働者災害補償保険法」に基づく介護(補償)給付と、「炭鉱災害による一酸化炭素中毒症に関する特別措置法」に基づく介護料の最高限度額及び最低保障額が引き上げ。

詳細はこちらをご覧ください。
労働者災害補償保険法施行規則等の一部を改正する省令(平成30年厚生労働省令第13号)

関連記事

  1. 【年末調整】平成30年分の年末調整について

  2. 【平成29年11月1日適用】外国人労働者の雇用管理の改善等に関して事業…

  3. 【平成29年10月1日施行】子の養育又は家族の介護を行い、又は行うこと…

  4. 【平成30年2月2日施行】外国人雇用状況届出などの様式変更が変更になり…

  5. 【平成29年10月16日施行】厚生年金保険法施行規則及び国民年金法施行…

  6. 【平成30年1月1日施行】労働者の募集や求人申込みの制度が変わります