【平成29年8月1日施行】公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律の一部の施行に伴う関係政令の整備

公的年金制度の財政基盤及び最低保障機能の強化等のための国民年金法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係政令の整備に関する政令(平成29年政令第214号)

いわゆる年金機能強化法により、国民年金の任意脱退制度の廃止、老齢基礎年金・老齢厚生年金等の受給資格期間の短縮(原則25年→10年)といった改正が行われました。
平成29年8月1日から施行されることに伴い、国民年金法施行令等について、所要の規定の整備も行われます。

詳細はこちらよりご覧ください

関連記事

  1. 【民法改正】賃金等の請求権の消滅時効について(第2回賃金等請求権の消滅…

  2. 【平成30年4月1日施行】障害者雇用率制度の特例 精神障害者の短時間労…

  3. 【平成30年4月1日施行】平成30年度の労災保険率の引き上げ等が決定し…

  4. 【平成29年11月1日施行】技能実習法(外国人の技能実習の適正な実施及…

  5. 【平成29年8月1日施行】健康保険法施行令等の一部改正(高額療養費)

  6. 【平成30年4月1日施行】前期高齢者交付金及び後期高齢者医療の国庫負担…