【判決】非正規社員の通勤手当、正規の半額は不合理で違法(福岡地裁小倉支部)

福岡地裁小倉支部は、通勤手当が正社員の半額なのは違法だとして、北九州市小倉北区の運送会社のパート社員の男性4人が差額分の支払いなどを求めた訴訟の判決で、「不合理な格差で労働契約法に違反する」と判断し、会社側に計約120万円の支払いを命じました。

裁判長は、正社員もパート社員も北九州市内の卸売市場での作業が中心で、いずれも多くの人がマイカー通勤していると指摘し、「パート社員の方が、通勤時間や通勤経路が短いといった事情もなく、手当の違いは不合理と言わざるを得ない」とし、皆勤手当を廃止した点についても「不利益の程度が大きい」として違法性を認め、未払い分を支払うよう命じました。
同社は通勤手当について、正社員は月1万円、パート社員は月5千円を一律に支給していたようです。

今回の判決で取り上げられている労働契約法第20条の概要については、こちらのリーフレットの「Ⅲ 不合理な労働条件の禁止(第20条)」をご覧ください。
労働契約法改正のポイント
労働契約法改正のあらまし(不合理な労働条件の禁止の部分)

関連記事

  1. 【判決】非正規への手当不支給は違法〜日本郵便格差訴訟(大阪地裁)

  2. 【判決】固定残業代認めず、未払い残業代の支払いを命令(東京地裁)

  3. 【判決】長時間労働によるうつ病で自殺、和解成立(千葉地裁)

  4. 【判決】知的障害の従業員に暴言 大手スーパーに22万円の賠償命令(東京…

  5. 【判決】子会社のセクハラ事案、状況次第では親会社に責任(最高裁判決)